【ワラヤの日報】住宅ローンのことなら不動産会社へ

こんばんは。マルワ企画の藁谷です。
本日は新規のお客様からお問合せ&住宅ローンの相談を頂きました。

相談をしたら不愉快な想いをされたようです

本日は新規のお客様から物件のことを詳しく聞きたい、とのことで電話相談を受けました。
30分に渡る話を要約すると
①すぐには見に行けないんですけどこの物件、今どんな感じですか?
②住宅ローンの相談も受けてもらえます?
③銀行に相談したら鼻で笑われたんだけど、うちってローン組めそうですか?
などなど。

特に③については融資窓口の方から「うちではちょっと無理ですね」と大分冷ややかな対応をされ、とても不愉快な想いをされたようです。
取引したことがある金融機関さんだったので「あれ?そんな人いたっけな」という感想でした。

原因はすぐに分かりました、不動産屋の得意分野です

何故そんな対応になったのかお客様のプロフィールだったりご希望の資金計画だったりを伺ったのですが、理由はすぐに分かりました。
お客様としては「自己資金0で購入したい(諸費用も借りたいしなんなら車のローンもまとめたい)」、しかし金利の低さに魅力を感じたその金融機関では「諸費用までは貸してない(車のローンをまとめるなんて無理、あと審査は属性重視)」という感じ。
それならそれで優しく説明すればいいのにとは思うのですが、相手も商売なので仕方ないといえば仕方ないんでしょうか。

その金融機関を選ばれた経緯は理解できたので、諸費用+車のローンをまとめている金融機関の中から一番金利の安いものと次点で金利が安く、また団信特約が充実しているものを紹介しました。
複数の金融機関からお客様の要望に沿っていて尚且つ審査の土台に上がるものをピックアップする、不動産屋の得意分野です。
相談だけなら無料なので(弊社は仲介料もゼロ)もっと僕達を活用して欲しいです。
不愉快な想いもしなくて済むと思います。


この記事を書いた人