【ワラヤの日報】お問合せ頂きましたがお手伝いできない事例でした

残念ながら弊社ではお手伝い出来ません

本日は新規のお客様から「購入しようと思っている新築物件があります」とお電話を頂きました。
お話を伺うと、既に他の仲介業者さんで不動産購入のお申込みをされているようです。
実は先月もこんなお電話を頂いたことがあります。
弊社の日常と言えば日常です。

基本的に、書面をもってお申込みをされているお客様については弊社でのお手伝いを差し控えております。
お客様ご自身がトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、不動産会社から署名を求められた書類については十分に目を通して頂くことを推奨致します。

そんなに悪い会社さんではありませんでした

お電話の最中、お客様がお手元の諸費用明細書を読み上げて下さいました。
結論から言えば、そんなに悪い会社さんではなかったです。

弊社との違いは仲介手数料のみで、これは法律で受け取ることが認められた真っ当な報酬です。
その他、”ローン事務代行手数料(融資事務代行手数料と記載されている場合も)”とか”現況測量費用”だとか、意味の分からない費用は計上されていません。
詳しくお話を伺うと、担当者さんのお仕事ぶりも丁寧なようなのでこのままトラブルなく新居のお引渡しを受けて頂けると思います。
素敵なご契約となるよう、心から祈っております。



この記事を書いた人