【ワラヤの日報】お客様からの電話相談に対応しました

こんばんは。マルワ企画の藁谷です。
本日はずっとやりとりしているお客様からの電話相談に対応しました。

予定は多くなかったのですがやることが詰まった一日でした

本日はクラウドワークスでお仕事の依頼を出してみたり、ポータルに物件情報を載せてみたりとほぼ在宅での仕事。
そんな中、以前からやりとりしているお客様から「中々条件に合う物件が見つからないのでどうしたらいいか」との相談を受けました。

こちらのお客様とはもう長い間やりとりを重ねているのですが、迷われている最中、あるいはご両親に相談されている最中に物件が売れてしまったりと、あまりタイミングに恵まれないという状況が続いています。
すぐに売れてしまう物件=良い物件、と安直に考えてしまう必要はないと思うのですが、競争率の高い新築一戸建て市場に少しばかりお疲れのご様子でした。

どうしたいか・どうするかはあくまでお客様にお任せします

今回のご相談を受けて、エリアや価格帯を広げてみるという提案も出来たのですが、まずは優先順位の再構成をお願いしました。
お金、立地、間取り、駐車台数とまずはご希望の条件をクリアにし、次にそれだと思う物件が出てきたらすぐに決断できるようご家族で話し合って頂く、これがいいと思います。

結局の所、そうした条件面や思い描いている生活像について我々仲介業者が100%共有することは出来ないのでまずはご家族間での相談をお願いしました。
本日はそうした判断に少しでも助力出来ればとエリア毎の価格帯について改めて説明することに。
また前面道路との関係は勿論、一棟ものか複数棟分譲地か、あるいはもっと大きな開発分譲地かでもいくらかの価格差が出ることについても案内しました。
早くいいお住まいが見つかるよう、引き続きお手伝いできればと思います。


この記事を書いた人